コーヒーを飲んで代謝をアップ!

コーヒーはカフェインを含んでいることで敬遠している方も多くいるようですが、摂取の仕方しだいで脂肪燃焼率アップとダイエットしている方には、強い味方になってくれます。カフェインには中枢神経を刺激し、心拍数を向上させる効果があるといわれています。この効果を利用し運動前に飲むことで、普段と同じ運動で普段より高い心拍数の向上が期待でき、その効果により代謝がアップします。この効果は、代謝が低下している中年世代に有効な方法です。ある一定の年齢に達すると、代謝が低下していきます。

 

しかし、食欲は低下する前の状態と変わらないため、どんどんと脂肪が蓄えられてしまう状態になってしまいます。この状態にならないためにも生活習慣を見直すことが大切になります。生活習慣を見直し、運動もしているのに思っている程、効果が上がらない方は、この飲み物を試してみてはいかがでしょうか。しかし、この方法にも注意点があります。カフェインは過剰摂取によって、中毒症状を起こす場合があります。この中毒症状を起こす摂取量を定めているところもありますが、中毒症状を行ないための摂取量には個人差があります。少しずつ飲む量を増やし、自分に合った適量を見つけることが大切です。

Comments are closed.