脂肪燃焼にはカプサイシンの摂取で決まり

脂肪燃焼には、唐辛子の辛味の成分であるカプサイシンと言われています。唐辛子以外にも、故障や山椒などにも含まれており、種類が豊富にあります。体内に入ることで、アドレナリン分泌を促進する働きや毛細血管の血行をよくする働きがあるため、発汗作用や脂肪分解の効果を実感できます。そのため、唐辛子を食べると体が熱くなり、汗をかきやすくなります。他にも、高血圧の予防や冷え性の改善、疲労回復、便秘解消などの効果があります。

 
運動時には、糖分からエネルギー源として使われ、次が血液中の脂肪酸、その後に体脂肪がエネルギー源として使われるため、有酸素運動は、20分以上行わないと脂肪が燃えないと言われています。そのため、体脂肪を減らそうとしても、運動する時間量によっては、糖分だけが燃焼されます。しかし、アドレナリンが分泌されることで、脂肪分解酵素リパーゼが活性化し、通常よりも早い段階から脂肪が燃焼し始め体脂肪が溜まりにくくなることから、ダイエットなどに多く活用されています。また、血液には、老廃物を排泄する役割もあり、血行が良くなることで、栄養素が体のすみずみまで行き渡り、老廃物が溜まりにくくなり、健康な体をキープすることができます。

Comments are closed.