生活習慣を見直して基礎代謝を上げよう

細くてすらっとした足、華奢な二の腕にきゅっとしぼられたくびれは女性の永遠の憧れです。もともと太りにくく、何をどれだけの量食べても、運動せずゴロゴロしてても細いという人がたまにいますが、だいだいの人は体系に気を配り、食事の量やカロリーを気にしているでしょう。しかし、人一倍カロリーには気をつけているはずなのになぜか私だけ痩せないのはどうしてだろうと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

実は、カロリーに気を配っているのに一向に痩せないという人は、基礎代謝が低いということが原因の可能性があります。基礎代謝とは、簡単に言えば、人間が何もしなくても勝手に消費しているカロリーのことを言い、筋肉量が多いと基礎代謝も上がります。というのも、筋肉の消費カロリーは最も高いためで、筋肉量が少ないとそれだけ消費カロリーが少なく、太りやすくなってしまうのです。筋肉をつけるといえばハードな運動が思い浮かびがちですが、日常生活にちょっとした運動を取り入れるという生活習慣を心がければ、簡単に代謝アップにつながります。例えば、電車通勤なら目的地より一つ前の駅で降りて歩いてみる、エレベーターやエスカレーターではなく、階段をなるべく利用する、歩く時に腹筋に力を入れて一定時間キープするなど、簡単な運動をちょっと増やすことで、筋肉がつき、痩せやすい体を手に入れることができるのです。

Comments are closed.